添加物は化粧品に必要!?

パラベンフリーや防腐剤無添加は化粧品に必要!?

口にするものや肌に触れるものの中に、防腐剤や着色剤などの化学物質が含まれているとなんだかネガティブな印象を受けてしまいます。
その反対にオーガニックや天然素材という響きはそれだけで無条件に体に良さそうな気がしてきます。そのあたりの認識は間隔と合っているのでしょうか?

 

化粧品のは水が含まれていて、水はそのままでおいておくと雑菌が繁殖し、腐っていくものなので、化粧品に含まれる水も同様に何も施されていないものはこのように腐っていってしまうものです。

 

それを防ぐために通常は化粧品には防腐剤が含まれている場合が多く、そのなかでもパラベンは代表的な物質になっています。

 

やはり防腐剤というのは、体にとって悪いというイメージを抱いてしまいます。また天然成分やオーガニックなどに注目されるようになって、身の回りの日用品に含まれている素材に一般の関心が寄せられるようになると、パラベンも他の物質などを併用し、防腐効果を上げることなどによって、大量に使うことなく防腐効果があげられるようになってきています。

 

逆に無添加とうたっているものでも、天然成分でも毒性が無いとは限らず、合成物質を配合されていたりもします。
無添加はイメージほど無条件に安心といったものでもなさそうです。

 

そもそも化粧品は体にとって全くダメージを与えないものなど存在しないということは、知っておいたほうがいいでしょう。
やはりどんな化粧品も使ってみて、自分にとってあっているのかどうかを観察するという視点は必要になってくるでしょう。

 

オーガニックモノは防腐剤が入っていないということを考えるならば、腐りやすいという事実があることも忘れてはいけないポイントです。

 

食品でも無添加ものは早めに消費するようにしますよね?化粧品もやはり早めに使い終わるようにしたほうがいいでしょう。

40代の見落としがちな老化予防のポイント

洗顔料次第で肌は変わる!? 水分の逃げやすいお風呂上りのケア

 

基礎化粧品の選び方 ○○ダイエットは美容の敵!