唇がガサガサ、血色が悪い時のケア

唇がガサガサ、血色が悪いという場合のおすすめ対処法

唇のお手入れをする女性

潤いのあるしっとりとした唇はとても魅力的で憧れますが、唇がいつもガサガサで血色が悪いと悩んでいる人は多いようです。ではこのように唇がガサガサに荒れたり血色が悪くなってしまうのはなぜでしょうか?

 

まずは、呼吸の仕方によってはこの唇が荒れる原因になります。呼吸はやはり鼻呼吸が理想で、口呼吸はいろいろな弊害があるのですが、異物が口の中に侵入することや、口の中の乾燥により、雑菌も繁殖しやすい環境になってしまいます。そしてこれは唇のカサカサの原因にもなるのです。

 

またある栄養素が不足すると唇は荒れやすくなります。その物質とはビタミンB2のことなのですが、この予防にはレバー、さば、豚肉、うなぎ、魚肉ソーセージなどに多く含まれているので、意識して摂取するようにするとよいでしょう。

 

そして唇を舐めたり・噛む癖がある場合もガサガサ唇になってしまいます。やり過ぎないように意識して直していきましょう。

 

また唇のケアで忘れがちなのが、UVケアです。紫外線による色素沈着でも唇の色は黒ずんでしまい、唇の色が悪く見えます。気になる人はUVケアもしっかりと行いましょう。

 

唇の血行が悪いと血色が悪いようにみえるため、できれば避けたいものですが、予防方はあるのでしょうか?
唇の色の原因である血行の改善にはビタミンEが効果があります。

 

ビタミンEはいくら、いわし、たらこ、めんたいこ、モロヘイヤ、などに多く含まれます。血色が悪い唇に悩んでいるならこの辺りの食物を意識して摂る事で、血色が改善されていくでしょう。

 

また辛い食べ物や暑い食べ物も唇に強い刺激があるので、唇が荒れる原因にもなりますので、気にしているなら控えるようにしましょう。


40代の見落としがちな老化予防のポイント

洗顔料次第で肌は変わる!? 水分の逃げやすいお風呂上りのケア

 

基礎化粧品の選び方 ○○ダイエットは美容の敵!