女性ホルモン「エストロゲン」について

女性の綺麗ホルモンと言われるエストロゲンとは。

エストロゲンとは女性にとって、そしてその美容いとっても非常に重要な存在で、卵巣から出るホルモンで、卵胞ホルモンと呼ばれるものです。生理開始日から排卵するまでの期間に分泌されるもので、排卵後はプロゲステロン(黄体ホルモン)と一緒に生理が来る前日までの間分泌されます。

 

エストロゲンは男性にも分泌されますが、男性が多く分泌されすぎると、女性のような乳房になってしまうことがあると言われるほどです。
女性らしさの象徴ともいえるホルモンの一つと言えるでしょう。

 

また、このエストロゲンは発情ホルモンとも呼ばれ、メスの動物に発情を起こさせるという作用もあります。
エストロゲンにはエストロン,エストラジオール,エストリオールがあり、これらを総括してエストロゲンと呼びます。

 

恋をすると女性は綺麗になると良く言われますが、恋をしているときにこのエストロゲンがよく分泌されることがその大きな要因になります。

 

エストロゲンはコラーゲンの合成を進めるため、肌のつやを良くする働きがあります。血管を広げることで血行を良くする作用もあります。
また減っていく骨と骨が新しくできるスピードを調整し、骨量のバランスも調節してくれます。

 

また、うつやイライラ、不眠、倦怠感などを引き起こす更年期障害はこのエストロゲンの分泌が大きく減るために、引き起こされると言われています。

 

動脈硬化・高血圧・心筋梗塞・高脂血症・アルツハイマーなど様々な病気の予防にも効果がある物質としても注目され、美容だけでなく健康にもとても重要な物質であるとも言えます。

 

食物の中にも含まれているため、エストロゲンを意識して摂取することで、美容にとって効果も期待できるでしょう。

40代の見落としがちな老化予防のポイント

洗顔料次第で肌は変わる!? 水分の逃げやすいお風呂上りのケア

 

基礎化粧品の選び方 ○○ダイエットは美容の敵!