炭水化物ダイエットはおすすめ出来ない

炭水化物抜きダイエットは、美容には良くないから止めとこ

炭水化物を食べないでダイエットをする方法があります。しかし、炭水化物を一切だべないでダイエットをしようとすると美容に大きく悪影響を及ぼすので、炭水化物を一切食べないでダイエットをすることはお勧めできません。

 

行うのであれば炭水化物を減らして、ダイエットをする方法が美容にも健康にも良く、見た目もキレイに痩せることができます。

 

炭水化物は糖質で、感じからすると糖=甘い=ダイエットに不向きというイメージがありますが、体にとっては大切な働きをしてくれる栄養素です。

 

炭水化物は白米やパン、かぼちゃやイモ類、麺類に多く含まれています。いわゆる主食と呼ばれるもののほとんどが炭水化物になります。

 

主食と呼ばれるぐらいですから、摂取をしないでいると体に悪影響がでそうな事はなんとなくわかるかと思います。具体的には集中力や肝機能の低下が起こります。肝機能の低下により冷えや息が臭くなったりします。冷えから顔色が悪くなったり、ブレスケアと言われるぐらい息にもケアが必要な時代ですから息が臭くなるのも問題です。

 

疲れが抜けにくくなって、姿勢が悪くなり、むくみが生じたりもしますから、炭水化物を一切とらないようなダイエットはしないことをお勧めします。

 

ただ、正しい知識を持って減らすことはダイエットに効果的です。血糖値の上昇を抑え、体内に溜った脂肪がエネルギーとして消費されやすくなるのでダイエット効果はあります。また、ビタミンB1・B2と一緒に摂取することによって脂肪燃焼を助ける働きがあります。

 

炭水化物は体重や身長、年齢などで個人差がありますが、1日に90gから150g摂取していれば良いですから、目安にして炭水化物ダイエットをしてみてください。

40代の見落としがちな老化予防のポイント

洗顔料次第で肌は変わる!? 水分の逃げやすいお風呂上りのケア

 

基礎化粧品の選び方 ○○ダイエットは美容の敵!